⑨感謝の気持ちが持てない方。

 説教くさいと思われるでしょうか。でも、お説教をするつもりはサラサラありません。ただ、事実を、根拠を交えてお話します。

 

 私は、20年近くの間に、多くの様々な患者さんを治療させて頂きました。
その臨床の中で、多くの気づきを患者さんから頂きました。
 同じような症状で、同じような状態の患者さんに同じように治療しても、治りの良い患者さんとそうでない患者さんが居ます。
 それは何故なのか、よくよく観察してみると、共通項が見えてきました。
結論を言いますと、

 

治りやすい患者さんは、「有るものを数える」。
治りにくい患者さんは、「無いものを数える」。

 

という事に気がつきました。
 具体的には、麻痺の患者さんなら、
治りやすい方は、「親指と人差し指は動くから物を持ったり、つまんだり出来るので、不便は有りますが、助かってます。」と仰います。
治りにくい方は、「3,4,5番目の指が動かないので、何をするのにも不便で困る。」と仰います。同じ事をこんな風に表現されます。

 

 腰痛の患者さんなら、
治りやすい方は、「初めは歩く事もままならなかったが、もう100mも歩けるようになった。」
治りにくい方は、「腰が痛くて、まだ100mしか歩けない。」

 

 お判りでしょうか?
わたしは「『もう・も-まだ・しか』の法則」と呼んでいます。
どちらも同じ事ながら表現が異なります。
 ポジティブな思考・表現は神経を落ち着かせ、血液循環を良くし、治癒を促進し、ネガティブな思考・表現は神経を緊張させ、血液循環を悪くし、治癒を阻害するようです。
 「言霊」、「笑う門には福来たる」先人達の知恵には驚かされます。

 

 人間ですから、なかなか難しい事は承知しています。
しかし、今、ある事をありのままに受け容れ、前進してくれるカラダに感謝する「心持ち」が、結局カラダに良い事は間違い無いようです。

 そのような「心持ち」が持てない方、持つ気が無い方は、治療効果が著しく下がります。

 よって、「患者さんの喜びこそ最高の報酬」と考える当治療所と致しましては、ご依頼をご遠慮下さるようお願い致します。

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。