適応症

・外傷(骨折、脱臼、打撲、捻挫)
・スポーツ障害(野球肘、テニス肘、オスグット病、シンスプリントなど)
・腰痛、膝痛、肩痛、肘痛、頸痛など関節の痛み
・交通事故(むち打ち症など)
・小児鍼
・不妊症
・認知症

・WHO(世界保健機構)適応症状

鍼灸治療の適応症~WHO(世界保健機構)

 一般に、鍼灸治療は、肩こり、腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われています。しかし、多くのつらい症状や病気に効果があります。
 

 NIH(米国 国立衛生研究所)は、鍼灸治療の各種の病気に対する効果と科学的根拠を認めています。そして、西洋医学の代替治療として効果的であるという見解を発表しています。

 また、WHO(世界保健機構)は、鍼灸治療の有効性を認めた病気として、下記のものを挙げています。

【神経系疾患】

◎神経痛 △神経麻痺 ◯痙攣 ◯脳卒中後遺症 ◎自律神経失調症

◎頭痛 ◎めまい ◎不眠 ◎神経症 ◯ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

◎関節炎 ◎リウマチ ◎頚肩腕症候群 ◎頚椎捻挫後遺症(むちうち) ◎五十肩 

◎腱鞘炎 ◎腰痛 ◎外傷の後遺症(骨折、打撲、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症 △動脈硬化症 ◎高血圧、低血圧症 ◎動悸 ◯息切れ

【呼吸器系疾患】

◯気管支炎 ◎喘息 ◎風邪および予防

【消化器系疾患】

◎胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘) 

◯胆嚢炎 ◎肝機能障害 ◯肝炎 ◎胃十二指腸潰瘍 ◎痔疾

【代謝内分秘系疾患】

◎バセドウ氏病 ◯糖尿病 ◯痛風 ・脚気 ◯貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

◎膀胱炎 ◎尿道炎 ◯性機能障害 △尿閉 ◎腎炎 ◯前立腺肥大 

△陰萎(インポテンツ)

【婦人科系疾患】

◎更年期障害 ◎乳腺炎 △白帯下 ◎生理痛 ◎月経不順 ◎冷え性 

◎血の道症 ◯不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

△中耳炎 ◯耳鳴 ◎難聴 ◎メニエル氏病 ◯鼻出血 ◯鼻炎 

◯ちくのう ◯咽喉頭炎 ◯へんとう炎

【眼科系疾患】

◎眼精疲労 ◯仮性近視 ◎結膜炎 ◎疲れ目 ◎かすみ目 ◎ものもらい

【小児科疾患】

◎小児神経症

(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠) 

◯小児喘息 ◯アレルギー性湿疹 ◎耳下腺炎 ◯夜尿症 

◎虚弱体質の改善

こどものハリのページも合わせてご覧下さい。

 

※上記の記号はそれぞれ、

◎著効 ◯有効 △やや有効 ◆無効 ・未経験 を表しています。
 杏総合治療所における有効性の評価です。

その他、当治療所では下記の疾患に有効経験があります。

 頸・腰椎ヘルニア、頸・腰椎症、変形性膝関節症、胸郭出口症候群、舌下腺結石、蕁麻疹、口内炎、歯痛、つわり、逆子、ミズイボ、アトピー、こむら返り、手足のしびれ・ふるえ、足のむくみ、花粉症、乗り物酔い、二日酔い、外反母趾、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性大腸炎、チック、ヘルペス、頻尿、前立腺炎など。


まだ数多くの難症・難病が、鍼灸の適応と考えられます。ご相談ください。

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。