【コメント・解説】

 

 この方は、「過敏性大腸炎」です。同じ症状のお友達が改善されていくので、そのご紹介で診る事になりました。初めは、「過敏性大腸炎」と冷え症、肩こり位でしたが、ご本人も書かれているとおり、閉経に向かいカラダが変化していく過程という事もあり、様々な症状にその都度対応していきました。
 最近は「養命酒」のCMですっかり有名になりましたが、黄帝内経(こうていだいけい)「素問(そもん)」上古天真論篇に、女性は「7」の倍数でカラダが変化すると書かれています。そして、「7×7=49」で閉経を迎えるとされています。特に初潮、出産、閉経は、「変身」と言って良いほどカラダが変わるようです。産後に便秘症や腰痛症になったというのよく聞きます。反対に治ったという幸運な方もいますが(笑)。ですから、そこを上手く乗り切れず、悪い方へ体質が変わり、大きな病気をする事もあります。初潮、出産後に自己免疫疾患を発症する方もいます。そうした不安定な時期にハリ治療、東洋医学は大きな力を発揮します。
 更年期障害は、古くは「血の道症」とも言う通り、「血」と関わりが深い「肝・脾・腎蔵」の治療が重要です。この方は、「過敏性大腸炎」を「肝脾不和証」で治療を進めていた事が下準備として効を奏し、早く、楽に治せた様です。ラッキーじゃないよ(笑。

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。