IHアトピー9才

【コメント・解説】

 

 アトピー性皮膚炎です。まだまだ、共通理解には程遠い現状ですが、アトピーは早すぎる離乳が大きな原因になっていることが多いようです。皮膚は胃腸と深い関わりがあります。
 調査によれば、世界の平均離乳年齢は4.2歳です。日本でも戦前は、2歳位が普通で、3歳以上も決して珍しくありませんでした。WHO(世界保健機構)も2歳以上を推奨しています。アメリカ小児学会は少なくとも12ヶ月、それ以降は母子が望む限り長く続けることを提言しています。
 歯は何の為にあるのでしょう?食物を咀嚼して胃腸での消化吸収を助ける為にあります。草食動物は、草を食べる為の門歯、穀物を食べる為の臼歯しか無く、肉類を食べる為の犬歯がありません。反対に肉食動物は犬歯しかありません。翻って、雑食のヒトは門歯2:犬歯1:臼歯4の比率です。つまり、歯の比率によって食物を摂るのが自然なのです。東洋医学は自然であることが健康である事と考えます。歯が生えないという事は、まだ消化吸収の準備が出来ていないのです。それを無視すれば、カラダは食物を異物、アレルゲンと認識し、アレルギー反応のリスクが高まります。アトピーの治療はその免疫機序を整えるようにします。

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。