私にはとても大好きな師匠がいるんです。
その人に会ってなかったら、私今頃鍼やってないかもしれないですね。
会って話してもらえばよくわかると思うんですけどね。
私なんかは考えてることが全て見破られてしまうんです。色々ウソやごまかしても、ばれちゃってるんですよね。
なので師匠の前では素直になれるんです。
なぜそんなにわかっちゃうんでしょうね?
きっといろんな気持ちを味わったことがあるのかもしれないですね。
勿論勉強はむちゃむちゃしてるんです。四六時中本も読んでますし。それも楽しんで勉強してるんです。
知識は半端ないんです。 ただそれだけじゃないんですよね。
大げさに聞こえてしまうかもしれないのですが、「人間として治療人として恥ずべきことがまるでない人」なんです。
グレーなことがないんです。

私の知り合いの内科のドクターが昔「腕のいい鍼灸師がいる」って話してたんです。母親のお世話になってたドクターなんですが、私は師匠と出会う前だったし接点は全くなかったんです。
結局それは師匠のことだったってのちのちわかったんですけどね。
ドクターが鍼灸師を褒めることって滅多にないことなんですよ。
鍼灸師を治療家とみないドクターはほとんどですからね。勉強量が全く違いますから当然ですけどね。
それでも師匠のことは特別視してるんです。
ガン・リウマチ・認知症・脊損の患者さんまで師匠の元を訪れます。
そして日々目の前で改善されてます。
なかなか西洋医学の技術をもってもなんともできなかったのを、その現実をみるだけでもドクターは特別視しますよね。

私が師匠の前で素直になる理由は、この人には私のすべてのことをわかっていてほしいと思うからなんでしょうね。
私が死にかけたら、どこの病院でもなく、真っ先に師匠のもとに行きたいですからね。
鍼灸師の私がそんなこと言ってたらダメですけどね。
そもそも師匠の元でも研修先のきまりで「遊びのための欠勤は許す、ただ病気の欠勤は許さん」というのがあります。
病気なら師匠が「治してやる」から「ここまで来い」なんです。

師匠はわかってるんです。病気の原因が。そして治せるんです。
私の師匠はそんな人なんです。

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。