何とか間に合いました。

 右側腹部のヘルペスの症例です。左の画像が12/19日で、右が今日(12/30)です。

 初期に診せて戴いたので、薬も飲んでいませんが、痛みも痒みもごく軽く済みました。当然、しばしば問題になる後遺症もありません。

 

 ヘルペスは、すべての治療の中で、鍼灸治療がもっとも効果がある疾患だと思います。抗ウイルス薬よりも明らかに効果が高いと思いますし、後遺症を残す事もずっと少ないようです。

 

 西洋医学では『ヘルペス』と言う同じ病気であれば、治療や薬は同じになります。ですから、誰が治療しても効果は同じです。しかし、東洋医学では『ヘルペスにはコレ』と言う処方が出来ません。何故かと言うと、東洋医学では、病気・症状は体質によって現れ方が異なると考えるため、治療もそれに応じて異なるからです。

 

 今回のヘルペスの場合でも、患者さんの性別、年齢はもとより、細かい東洋医学的体質分類に加えて、ヘルペスの現れている部位、カラダの前、横、後なのか、上半身か下半身か、右か左か、痛みや痒みの性質、色彩や形状、経過などを踏まえて、治療するツボ、刺激方法をその都度変更しています。

 

 このように、同じ病気・症状に一律に治療出来ないため、「漢方の害」でも書いたように、ヘルペスに限らず、少なくとも「脈」と「舌」を診ている鍼灸師の治療を受けてください。そうで無ければ、鍼と灸という道具を使ってはいても「東洋医学」とは言えず、東洋医学特有の利点が活かせないばかりか、思わぬ害を被る事もあるでしょう。

 ぜひ、「良い病院・治療院の選び方」の一つとして役立てて下さい。

 

 

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。