日本ブログ村『アルツハイマー病』カテゴリランキング1位記念。

 おかげさまで、1/14にブログコミュニティサイト、日本ブログ村の「アルツハイマー病」カテゴリランキング1位となりました。

 お礼の気持ちを込めて、当治療所が患者さんに配布しているリーフレット【「痛み」の意味】をダウンロード出来るように致しました。

 つまらないものですが、良かったらどうぞ。ついでに、当治療所の「痛み」に対する基本的な考えを書いてみます。

 

 

 私は、「絶対に治らない痛みは無い」という信念を持って日々の治療にあたっています。

 それは、感覚の一つである「痛み」の生物学的レベルでの機能・役割から、演繹的に推論すれば、そう結論するのが妥当だからです。
 また、20年近くこの世界に居て、臨床と言う帰納的状況でそれを繰り返し確かめ、その考えは確信に近くなりました。

 確かにファントムペイン、RSD、末期がんの痛みなど一筋縄ではいかない痛みもあります。しかし、「絶対治らない」訳では無いと考えています。
 もちろん、今の私が全ての痛みを治せる、とまでは言いません。この先、どうしても治らない痛みに出会うかも知れません。
 しかし、それは「今」の私が治る「鍵」を探し当てられないだけだと考えます。過去の「今」の私が、「鍵」を探し当てられるまで、「今度こそ治らないのではないか」という疑念に何度もかられたように、です。
 そんな時はいつも、前述の「生物が発達する過程で動物に備わった「痛み」という感覚の機能・役割」、つまり、「なぜ、『痛み』は存在するのか」という基本的命題に立ち返ることで、その考えを振り払い、患者さんと共に治療に取組み、「鍵」を探し当てて来ました。

 

 そのような、生物学的原則から出発した演繹・帰納的な実践の繰り返しに対して、世にあふれる「脳の記憶」的な理論は、枝葉末節的空想・ポエムから出発し、実証を伴わない事から、【治らない言い訳】に過ぎないと確信するに至りました。

そうした「痛み」に対する当治療所の考え方は、

(1)【施術をお断りする場合】
  ①ただ「痛み・症状が無くなれば良い」とお考えの方。

(2)【「痛み」の意味】

  ※当治療所の患者さんに配布しているリーフレット

 

(3)【患者さんからのメッセージ】

  右腰下肢痛 OMさん 60才女性 寝屋川市

に記載しています。

 

 

↓ポチポチっとして戴けるとヤル気が出て、もっと良い話、モノをアップしちゃうかも知れません(笑)。

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
にほんブログ村 病気ブログ 疼痛・慢性疼痛へ

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。