モンテカルロ

 先日のエントリで触れた、バイト先のオリジナルデザート『モンテカルロ』はどんなものだったのか教えてくれ、と言う声がありました。

 何しろ30年も前の話で記憶も曖昧ですが、覚えてる限り書いてみます。違ったらごめんなさい。

 

 レシピは、冷凍いちごとクラッカーを粗く砕き、固く泡立てた生クリームと和えて、重ねたストロベリーとバニラアイスの上に載せて覆う様に盛ります。アラザンをふりかけ、ミントリーフをあしらって出来上がりです。

 

 こんな感じのスイーツだったと思います。

 こうやって書いてみると簡単そうです。材料もさほど珍しいものを使っている訳でもありませんしね。

 ただ、コツがあって、氷で冷やしたボウルで手際よく作らないと、冷凍いちごが溶け出し、色が悪くなったり、生クリームがクラッカーに浸みて食感が悪くなります。その性質上、「夏場は作れない」とマスターが言っていた気がします。

 見た目も重要で、生クリームとクラッカーで「ピンッ」と角が立って無いとダメでした。生クリームの固さと温度、手際の良さ、センスが揃わないと良いものが出来ません。

 マスターが出来上がったものを眺め、少し修正を加え、満足すると、「持って行け」と言われたものです。その姿はなんだか熟練の陶工みたいでした(笑)。

 

 上手に作ったものは、冷凍いちご、クラッカー、生クリームの食感と冷たさ、甘さのギャップが不思議なハーモニーを作ります。また、見た目がすごく綺麗なんですよね。神秘的な感じで。

 固く泡立てた生クリームとクラッカーのおかげで、立体的な陰影があり、童話のお城か樹氷のように見えます。そして間から覗く冷凍いちごが宝石のようで、その僅かなドリップでうっすらピンク色染まった生クリームが綺麗でした。

 下町のあんまり品の良い客層じゃない暗い店に、不似合いにロマンティックなスイーツでした。

 季節性があり、そんなに沢山出ませんでしたが、時折注文が入ると、特に女性のお客さんはすごく喜んでました。2/14のヴァレンタイン向きかも知れませんね(笑)。

 

 

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。