不妊治療を始める前に。 vol.0

 今回以降、タイトルを上記に変更します。ご了承ください。【”不妊体質”によくある3つの共通点】シリーズの【その6】にあたります。

 この【”不妊体質”によくある3つの共通点】シリーズは、不妊治療を始める前に、私が知っていて欲しいと考えることを書き連ねました。

 枝葉末節的な治療に振り回され、ココロとカラダを傷つけ、時間とお金の浪費を防ぐ為です。

 私の20年近い臨床の中で、「子供が出来ない事」を訴えられ来院される方もいましたが、「不妊治療」を散々受けられ諦めていて、別の症状で来院された方も大勢いました。

 不妊治療経験者は、特に確率がかなり低くなります。運良く子供を授かることが出来た方もいますが、出来なかった方もいます。理由は沢山あり、おいおい書いていく予定です。しかし、あまり気が進みませんでしたし、今も少し迷っています。何故なら、その理由の中には、すでに取り返しのつかない場合も少なくないからです。それを知った方の落胆や悲しみを考えると、書く気がおきません。しかし、それを知ることで間に合う方がいるのも事実と考え、書いてみる気に「今は」なっています。

 

 私は、『○○人治療して○○人治った』という言い方が好きではありません。患者さん方の選択の基準になることや医学の発展に不可欠なことは十分に理解しています。もちろん、提示することも少なくありません。しかし、『嫌い』なのはしょうがないでしょう。

 何故かというと、患者さんにとっては自分の症状がすべてであって、100人中99人治ろうとも、自分に全く効果がなければ関係のない話で、何の慰めにもならないからです。

 ですから、私はふだん、「100%の効果」を心がけています。少しでも楽に、苦痛が軽くなることを目指しています。まったく「無効」が無いように研究し続けています。

 例えば、「足が麻痺して歩けない」患者さんなら、麻痺は治らなくても歩きやすくなるように、楽しみや仕事が出来るように治療します。

 患者さんは「何かがしたくて」、それをするのに症状が妨げとなるから治療に来るのだと思うからです。

 例えば、肩の痛みで頭の上まで腕を挙げると痛い人は、その動作が日常必要でなく、悪い病気などで無ければ、治療しようとは思わないはずです。

 

 しかし、不妊治療は○か×のどちらかしかありません。そうすると、子供を授かれなかった人の気持ちを思うと、とても「○○治療で○○人成功」と言えないのです。

 また、最高齢で50歳で妊娠した治療経験がありますが、そのご家族は妊娠を望まれていなかったことも全てを書くことに抵抗を感じます。

 切実な想いを持っていらっしゃる方々が大勢いることは重々承知していますが、「妊娠・出産・育児」には「覚悟」が必要だと思います。後から備わるものでもありますが、無いままの方もいるのも事実で、それは本人も子供も周囲も不幸なことです。そうしたことが果たして文字で伝わるのだろうかと言うことが筆を鈍らせます。

 

 このような「迷い」の中で書いていますので、不明瞭にせざるを得ないことが多々あるやも知れませんが、お付き合い下されば、と思います。

 

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。