不妊治療を始める前に。 vol.2

 根拠を一つずつ述べながら、順番に話し、「だから、この方法が良い」と結論付けたかったのですが、『結局どうすりゃええねん!』と、せっかちな方が多いみたいなので、私の推奨する治療の概要だけ提示しておきます。詳しい説明は最後の方になる予定です。

推奨スケジュール

 不妊治療は、上記のような順番で、階層的に行われるべきだと考えています。そして下の層ほど重要視され、早期に始め、継続されるべきです。

上図から導き出される、現在行われている不妊治療の問題点を列挙します。

 

 1.順番が逆である事。

 2.治療が独立している事。

 3.機能的治療が乏しい事。

 4.養生法の根拠が乏しい事。

 ものすごく乱暴な言い方をすると、女性は『畑』です。男性はそのまま『種』です。女性を畑に喩えるなんて怒られるかも知れませんが、これは、私が言っている訳では無く、古来、日本でも言われてきたことです。

 余談ですが、昔、NHKの大河ドラマ「独眼竜政宗」で、渡辺謙演じる伊達政宗の家臣をいかりや長介が演じ、その中で「種と畑」に喩えた話をしていました。

 

 話を戻すと、『畑』の状態が良くなければ、『種』が育たないのは当たり前です。女性のカラダの『地力』を十分に育て、整え、準備をしてから『種』を蒔くべきです。そうで無ければ、いたずらにカラダとココロを傷つけ、時間とお金を浪費し、徒労だけが残るでしょう。

 確かに出来ないものは出来ません。それは現実です。誰もが等しく可能なわけではありません。それは認めない訳にはいかないでしょう。

 しかし、今までの20年近い臨床の中で、「きちんとした手順」と「患者さんの意識」、そして「知恵」があれば可能だったのではないか、と思わされた事は少なくありませんでした。

 そういう方に、その事を告げる訳にもいかないジレンマが、このシリーズの原動力です。

 

 次回、上記の問題点について簡単に書く予定です。

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。