飛蚊症が鍼で治る!

 私は、「飛蚊症」の治療が得意なんです。「何を馬鹿な事を!」と言う声が聞こえて来そうです(笑)。

 でも、本当なんですよ?私の師匠も得意でした。しかも即効性があります。完璧にするには少し時間がかかりますけどね。

 もちろん、私や患者さんが、勝手に「飛蚊症」や「白内障」と思い込んでいる訳ではありませんよ?眼科医の診断が出ている患者さんです。

 さっきも患者さんが、「あ!先生、(黒い影が)消えました!」とおっしゃってました。それどころか、「白内障」だって、患者さんは「治った!治った!」と大喜びです。

 目に鍼をして「何も見えなくなった」なんてブラックジョークでもありません(苦笑)。顔には一切治療しません。

 

 『頭がおかしい』、『オカルト』って思いますよね?

 そりゃそうですよね。「飛蚊症」や「白内障」のメカニズムをご存じの方なら皆そう思うでしょう。

 

 「飛蚊症」は、下の図の硝子体や網膜が剥離したり、出血やブドウ膜炎によって、黒い線や点、塊が見える純粋に物理的な症状ですから、鍼灸治療をして改善されるなんて考えられません。

 「白内障」も、水晶体と言うレンズが濁ることによって、見えにくかったり、眩しかったりする訳ですから、やはり鍼灸治療で、それも即効性があるなんて考えられません。

 さて、それでは何故、鍼灸治療で効果が挙がるのでしょう?

 

※詳しく知りたい方は、日本眼科学会のHPへ

 ■飛蚊症    ■白内障

 

 答は…判りません(笑)。

 怒らないで下さいよ。本当に判らないんです。でも、患者さん方が言うことは本当だと思います。

 別に、洗脳(笑)とか、催眠術とか、誘導の類でもないです。こちらが何も言わなくても、患者さん方が自発的に言って下さるので気付いたりすることもあるくらいです。

 ただ、推測というか、こういう事なんじゃ無いかな?と言う事はあります。

 普通、「飛蚊症」や「白内障」の症状が現れたら、患者さんは眼科に行きます。それで、目の検査によって、浮遊物や混濁を観察して、それらが認められれば、診断が出る訳です。

 これらは、病的なものを除けば一種の老化現象です。と言うことは、徐々に進むはずです。

 しかし、患者さんに詳しく問診すると、「3日前から」、「昨日から」などと言われたりします。特に「頭をぶつけた」などの原因もありませんし、病的な原因は眼科ですでに除外されています。 

 つまり、以前からあったのに急に気になりだした、気付いたんですね。 

 ここからが私の推測(妄想?)です。

 

 「目の調節機能障害が、何らかの理由(例えば肩こり)によって起こり、それによって、普段は焦点が合わない、生理的な老化現象で以前から存在していた眼球内の浮遊物や混濁に、焦点が合ってしまって気付き、眼科へ行き、眼球の観察検査の結果、診断されるのでは無いか?」

 

と言うものです。

にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
にほんブログ村 子育てブログへ

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。