鍼の本場

 「鍼の本場は中国」と思って居る人が結構多い。

 鍼灸師にもそう考えるヒトが多いので、患者さんがそう考えても不思議はない。しかし、これは浅い。東洋医学を知らなさすぎる。

  昔、私の弟が、私の治療に感銘を受けて、「中国に留学にしようかな?」とつぶやいた事がある。

 弟なので丁寧にその無意味さを説いたが、普段、そう問われた時、いちいち説明するのも面倒なので、

 

「世界一優秀な自動車は、今もアメリカ製ですか?」と返す事にしている。

 明治以降、決して日本の東洋医学、鍼灸の置かれてきた立場は良好なものでは無かった。

 しかし、この医学の特性、伝承医学の優秀性を担保するのは、国や地域の安定性である。

 彼の国の絶え間ない異民族の流入と、王朝の交代の歴史を考えれば、その人から人、手から手へと連綿と繋がる「智慧」を継続・維持していく困難さは想像に難くない。

 事実、黄帝内経「『太素』は、彼の国では消失して、我が国の仁和寺で発見された。

 また、東洋医学の根幹を成す「天人合一思想」からみれば、文化大革命のスローガン「人は必ずや天に勝つ」などは、不遜にして傲慢過ぎるだけでなく、狂っているとしか思えない(もちろん旬子の頃からあったわけだが)。そうした浅慮は、深刻な大気と土壌の汚染をもたらし、人の健康を害する。

 そのような社会情勢下で、正しく東洋医学が伝わっていくものか、少し考えれば判るだろう。

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。