高齢者は「フレイル」に注意 放置すると要介護に

「フレイル」の紹介記事です。

 正直、どうなんですかね。名称だけ独り歩きしてかえって悪影響を及ぼしそうな気もします。

 医療関係者が使う分には、共通概念があった方が便利ですし、研究・報告や診断基準など学術的には必要なのは理解できますけど…。

 「うちのおじいちゃん『フレイル』で~…」とか、どうなんだろ?

 米国の診断基準をみる限りでは、廃用症候群の一つで良いようにも思いますが…。

 

 

以下、日本経済新聞(2014.6.25)より抜粋

 

「高齢者は「フレイル」に注意 放置すると要介護に
 筋力衰え疲れやすい…

 

「 高齢になると筋力が衰え、短い距離を移動するのも一苦労。そのうえとても疲れやすい。老化現象だと高齢者の多くが半ばあきらめていた症状を、日本老年医学会が「フレイル」と名称を統一し、予防の必要性を指摘する提言を5月にまとめた。専門家は適切な運動と食事を心がければ「要介護状態に陥るのを防げる可能性がある」と対策を呼びかけている。」

 

 

にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
にほんブログ村 子育てブログへ

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。