ぎっくり腰は温める?

Q.ぎっくり腰で杏総合治療所にかかった時、「氷嚢で冷やした」と家族に話したら、「ヤブ医者」と言われました。(K.Nさん)

A.よく「ヤブ」と言われるんですよ(笑)。
 「腰痛は温める」と言うのが一般常識化してるからですかね(笑)。たとえ、常識といえ、間違いは間違いです。

 医学的原則は、急性期の運動器(骨・筋肉・靱帯など)の痛みは「冷やし」、慢性期の痛みは「温める」事になっています。
 その一面だけでも正しいのですが、『急性期』、『慢性期』と言う表現は少しあいまいですね。

 「受傷後『48時間以内』を急性期とする」と言う定義もありますが、冷やすか温めるかという点においては、『炎症の有無』を基準とするのが生理学的に正しいでしょう。
 たとえ、48時間を経過していても、『炎症所見』が見られるなら冷やすべきです。

 

 

【炎症所見】 発赤・熱感・腫脹・疼痛
 
 上記を「炎症の4徴候」といいます。また、機能障害を加えて「5徴候」とする事もあります。
 ローマ時代の医学者であるセルサスによれば、これらのうち、前の4徴候は太古の昔より知られていました。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Evangelina Bode (水曜日, 01 2月 2017 13:14)


    Wonderful beat ! I would like to apprentice while you amend your site, how could i subscribe for a blog web site? The account aided me a acceptable deal. I had been tiny bit acquainted of this your broadcast offered bright clear idea

  • #2

    Analisa Ogilvie (金曜日, 03 2月 2017 10:16)


    I'm really inspired together with your writing skills as smartly as with the structure to your blog. Is this a paid theme or did you modify it your self? Either way stay up the excellent high quality writing, it is uncommon to peer a great weblog like this one today..

  • #3

    Lee Dowless (金曜日, 03 2月 2017 11:50)


    Yes! Finally someone writes about %keyword1%.

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。