東大臨床研究に不安 「大学は説明の場を」

 東大の臨床研究不正に対して、東大医学部生が説明を求める記者会見を行いました。

東大臨床研究に不安 「大学は説明の場を」

NHK NEWSwebサイエンス

(2014.7.5)

 

 東京大学医学部が関わる臨床研究を巡って、製薬会社との不適切な関係やずさんなデータ管理が次々に明らかになったことについて、東京大学の医学生たちが4日、記者会見を開き、「このままでは将来、患者の信頼を得て医療を行えるか不安だ」として、大学側に対し、学生に説明する場を設けるよう求めました。

 記者会見したのは、岡崎幸治さんらいずれも東京大学医学部の学生3人です。
 東京大学医学部が関わる臨床研究を巡っては、白血病の薬の研究に大手製薬会社、ノバルティスファーマの社員が不適切に関与し、研究の客観性が疑われる事態になっているほか、アルツハイマー病の治療法などの研究で患者のデータをずさんに取り扱い、研究成果が出せない状態になるなど、問題が次々に明らかになっています。
 4日の会見で、岡崎さんたちは、「東京大学医学部は社会の信頼を失っているおそれがあり、このままでは、将来、患者の信頼を得て医療を行えるのか不安が ある。大学側は、私たちが先月出した質問状にも納得のいく回答をしておらず、説明責任を果たしていない」と述べ、大学側に対し、今月中に直接、学生に説明 する場を設けるよう求めました。
 東京大学は「会見について把握しておらず、今の時点ではコメントできない」と話しています。

 

以上引用転載終わり。

 

 以前もチラッと指摘したように、臨床研究不正の問題は、東大だけの問題ではありません。東大の体質の問題では無く、臨床研究の構造上の問題です。東大の医学生はそれを知らないのですかね。不思議です。

にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
にほんブログ村 子育てブログへ

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。