脳振盪、甘く見ないで 2度目のショックで死亡例も

 こども達は夏休みになりました。部活三昧で遊んでくれません。と言う訳でスポーツ関連の注意事項。

【脳振盪、甘く見ないで 2度目のショックで死亡例も】 

朝日新聞DIGITAL 2014.7.8 ▼元記事

 

 スポーツをしていて起こす脳振盪(のうしんとう)を甘く見てはいけない。軽い症状だと思って練習を再開すると、頭の中の軽い出血を見逃して、2度目の小さなショックで死に至るケースがある。「セカンドインパクト症候群」などと呼ばれ、医学界は注意を促すとともに現場向けガイドラインの作成を急いでいる。事故が多くなるのは合宿などで厳しい練習をする夏場。現場もいざというときの対応を知っておきたい。

 高校1年生だった柔道の女子選手が2002年、夏合宿中に背中から落ち、意識を失って病院に運ばれた。頭蓋(ずがい)骨の内部で出血する急性硬膜下血腫と分かり緊急手術をしたが、寝たきりの状態に。11年後、亡くなった。

 「セカンドインパクト症候群」の例だ。この時は背中を打っただけだが、実は数日前に頭を打って頭痛が残り、脳振盪や軽い内出血の疑いがあった。「最終日だから」と練習に誘われ、重大な事故になった。神奈川県立足柄上病院の野地雅人医師によると、転倒して頭を打ったバレーボールやラグビー、柔道の選手など、わかっているだけでも10人ほど同じような事故例があるという。脳の腫れも起きる。

【以上引用転載】

 

 脳震盪について日本脳神経外科学会が提言を出しています。元記事は消えてしまって見当たらないのですが…。

 

【脳震とう 直ちに運動中止を提言】

NHKオンライン 2014.1.6 

 

 スポーツ中に頭を強く打ち、重い後遺症が残ったり死亡したりする事故が後を絶たないことから、日本脳神経外科学会は、脳震とうを起こして気分が悪くなったりした場合には直ちに運動をやめるなどとする一般の人向けの提言をまとめ、注意を呼びかけています。

 この提言は、中学校の授業で武道が必修化されたことなどを受け、スポーツの初心者に多い深刻な事故を少しでも減らしてもらいたいと日本脳神経外科学会がまとめました。
 提言では、まず、①スポーツ中に頭を強く打つなどして起きる脳震とうは、気分が悪くなるなど軽症に見えることも多いとしたうえで、②そのまま続けると脳や血管が傷ついて命に関わるおそれもあることから、③脳しんとうを起こしたら、すぐに練習や競技をやめるよう求めています。
 また、再開のタイミングについては、④症状が完全に消えてから徐々に行うとし、硬膜下血腫など脳の周りで出血が起きた場合などは⑤治療を受けて回復しても原則として競技に復帰すべきではない、としています。
 提言をまとめた日本大学の片山容一教授は「脳震とうは病院に来る前の対応が非常に重要だ。深刻な事故は初心者に多いので、特に学校現場などでは提言を参考に適切な対応を取るようにしてほしい」と話しています。
【以上引用転載】

 

 ①~⑤の黒太字はこの提言の「五項目」として公表されていたはずですが、この記事では省かれていたので、私が再度入れました。

 

 新潟医師会が公表している「スポーツ脳震盪の対応」のページにはガイドラインや評価ツールが掲載されていますので、お役立て下さい。

 

 付け加えると、小中学生のお子さんの場合、どんなに軽く見えても侮らず、数日間は様子を見る事です。その際、食欲が無い、ボーとしてる、だるそう、集中力が無い等に注目して、変だと思ったら面倒がらずにとりあえず専門医に診せに行きましょう。何もなければ単に笑い話で済むだけです。

 親御さんが知っているのといないのとでは、大きな違いがあるのは言うまでもありません。お子さんの楽しい夏休みのために勉強しましょう!

 

 

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。