潰瘍性大腸炎

 「研修生見習い」M君が週3回午前中だけ来ることになりました。

 M君は、以前勤めていた病院の同僚の紹介で来院しました。

 現在、某柔整専門学校に通学中ですが、以前に別の柔整専門学校に通学中に潰瘍性大腸炎を発症して、自主退学しています。

 今度はちゃんと卒業したいと頑張っている姿を見て、元同僚が同情して紹介して来ました。

 

 診てみると、意外にも何とかなりそうです。しかし、そこはそれ、仮にも難病指定されている病気ですから、簡単ではありません。時間も手間もかかります。また、本人が自分の病態を理解して適切な管理を行う事が最も重要で難しい事です。

 考えた結果、「研修生見習い」として研修に来て、私の治療を学びながら自ら治すつもりで取り組んで行く事にしました。

 

 当治療所は、研修制度を持っていますが、医療系国家資格保持者であることが最低限の原則です。学生は受け入れていません。

 その他にも国試で9割以上の高得点であることや、なにより「自ら課題を持って学べること」を重視して研修生資格としています。

 そのため、研修生には出来ませんので、「研修生見習い」としました。

 

 十代から二十代にかけて奇病に悩み、患者として門を叩き、「難しい病気で時間がかかる。俺が教えてやるから自分で治せ。」と同じように研修生にしてくれたわが師のことが思い出されました。

 「必ずしも病気は人生のマイナスとは限らない。何か大切な事を教えるために現れる。それに気づくことでプラスに変える事が出来る。」と教えてくれたのも師でした。

 確かにそのおかげで今の私があり、天職に巡り合い、毎日が楽しくて仕方が無いと思えます。

 M君にもそう思える日が来るといいですね。

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
にほんブログ村 子育てブログへ

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。