咽頭結膜熱が流行、警報レベルに 山梨

 ヘルパンギーナの流行に続いて、咽頭結膜熱(プール熱)が山梨で流行しています。

咽頭結膜熱が流行、警報レベルに 山梨】

産経ニュース 2014.7.26 ▼元記事

 

 県は中北保健所管内で咽頭結膜(いんとうけつまく)熱の流行が警報レベルに入ったと発表した。第29週(14~20日)の定点医療機関平均患者報告数が、同保健所管内で警報レベル基準値の「3・00人」を超え、3・38人となった。県内での警報レベル入りは平成23年7月以来。

 咽頭結膜熱は患者の多くが5歳以下発熱、頭痛、倦怠(けんたい)感とともに、咽頭痛、結膜充血、眼痛、涙目、目やになどの症状が出る。プールを介して感染した報告もあることから「プール熱」とも呼ばれる。

【以上引用転載】

 

 

【みんなのために】

 東洋医学では、急性感染症を「温病」、「傷寒」に分類します。東洋医学では、原因菌でなく、免疫力低下を起こした要因によって分類します。

 そのため、現代医学において同じ病名であっても、東洋医学的には別に分類されることもあります。しかし、咽頭結膜熱は、ほぼ「温病」に分類されると言って良いでしょう。

 

 「温病」の多くは、暑さによる疲労から免疫低下が起こり、それによって、普段は少々接触しても問題の無い病原微生物で感染・発症します。夏季に多い理由です。ヘルパンギーナに続いて、咽頭結膜熱が山梨で流行するのも暗示的です。

 そのため、同じ条件下でも感染発症する人としない人がいるのです。

 同じプールで遊んでいても、同じタオルを使っていても、感染発症する人としない人が居ますよね?

 古代の先人たちはそうした事に気付いていて、原因菌ではなく、公衆衛生学で言うところの、宿主要因、環境要因に真の原因を求めたのです。

 

 腰痛や肩痛、膝痛、肩こりなども同様です。同じ作業環境、同じ年齢、それどころか同じ人であっても、痛くなったりならなっかったりしますよね。ヘルニアや変形がある人全員が痛いわけでは無いですよね。

 

 さて、暑さによる疲労が根本原因なので、お家で出来る対処法は、涼しく風通しの良いところで良く眠ること、刺激物は避け、瓜の仲間(スイカ、キュウリ、メロン、ニガウリ)などを多く摂らせることです。特にスイカは良いと思います。

 現代医学的には、対症療法しかありませんので、信頼できるよく勉強している漢方医や鍼灸師がお近くに居る場合は、相談しても良いでしょう。

 「漢方はともかく、感染症に鍼灸?」と思われるかも知れませんが、鍼灸は感染症の治療に古くから活用されており、WHOでも効果が認められています。

 

 

【ちょっと、公衆衛生学の国試対策授業】

 ( )内を選択すると答えが見られます。 

 ■咽頭結膜熱

 ①主症状:発熱、頭痛、食欲不振、全身倦怠感、

        ( 咽頭痛 )、( 結膜炎 )症状

 ②原因菌:( アデノウイルス 

 ③感染形式:( 飛沫感染 )、( 接触感染 

 ④流行時期:一年を通じてみられるが( 夏季 )に多い。

 ⑤感染症法:( 5 )類感染症。

 ⑥学校感染症:第( 2 )種伝染病。

参考:国立感染症研究所「感染症の話」 

 

大阪市都島区 鍼灸整骨 杏総合治療所

TEL:06-6325-2323

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。