市販薬 副作用で死亡15件 5年間、8件は風邪薬

 消費者庁は八日、市販薬による副作用が疑われる症例が二〇〇九年四月~昨年三月の五年間で千二百二十五件あ り、うち十五件が死亡に至ったと明らかにした。

 うち八件は風邪薬の副作用による死亡だった。消費者庁は「重症化を防ぐために、初期症状が出たら医師や薬剤 師に相談してほしい」と注意を呼び掛けている。

 消費者庁がこうした注意喚起をするのは初めて。記者会見した板東久美子長官は「市販薬の副作用のリスクはあまり知られておらず、国民に直接呼び掛けたいと考えた」と説明した。

 消費者庁は個別の薬の名称は公表していない。

 同庁はまた、市販薬を販売する事業者の団体に対し、消費者に危険性を啓発するよう求めたことも明らかにした。副作用例は医薬品医療機器総合機構(PMDA)が集計。死亡例十五件のほか後遺症が生じた例も十五件あった。

 最も多いのが風邪薬の四百件(死亡八、後遺症九)、次いで解熱鎮痛消炎剤の二百七十九件(死亡三、後遺症二)で、漢方製剤やせき止め薬も死亡例があった。

 副作用による症状としては、皮膚や粘膜がただれる「スティーブンス・ジョンソン症候群」や肝障害、間質性肺炎、腎不全、ぜんそく発作といったものがあるという。

【引用・転載】2015.4.9東京新聞

杏 総合治療所

〒534-0021

大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F

TEL/FAX:06-6925-2323

 

 ※来院前には必ず、

【施術をお断りする場合】

をご覧下さい。

  お互いに時間と費用の無駄を避けましょう。

医療関連ニュース解説・評論、治療所の日常など

小児鍼の説明など

治療の体験談、感想など

研修制度利用者の感想など

サイト内検索 杏索an's search

お知らせ

ホーム
ホーム

このHPは、杏 総合治療所に通院中の患者さん、これから来院される方の為の参考ページです。

不特定多数の方を対象としておりません。

そのため、必要情報が無いというお問い合わせには対応しかねますのでご了承ください。